現在はソーシャルゲームやSNSの利用に主体が移っていますが、インターネットをきっかけとした男女の出会いは出会い系サイトが中心だった時代がありました。まずはメル友からはじめて、仲良くなれば会ってみるというものです。これには大きな問題がありまして、高校生や場合によっては小学生が利用し、性犯罪の温床にもなりました。その後、18歳未満の利用が法律によって取り締まられるようになりました。しかし、これは出会い系サイトからソーシャルゲームやSNSへフィールドが移っただけで、根本的な解決にはなりませんでした。

しかし、18歳未満の利用者を禁止してから以降、大きく改善したことがあります。ボッタクリ課金業者がほぼ無くなったことです。ちなみに架空請求の問題については、解決していません。

警察としても詐欺的な高額課金業者の取り締まりを実はやりたかったんでしょうね。相当な社会問題になっていましたし。うっかり利用者が課金に同意してしまっており、出会い系サイトを捕まえることもできません。

しかもサクラを使ったヤラセ行為で利用客を煽り、高額課金させていましたから。それでも商取引に合意してしまっているのは利用者ですから取り締まることができない。同時に問題となっていた援助交際の問題と絡めて、なんとか取り締まりたかったのでしょう。このあたりは、部分的にはグッジョブだと思います。

男女の出会いがソーシャルゲームが中心になってからは、しっかりとした資本と運営体制のある業者が主体となっています。事業の継続性が重要となりますから、高額請求は収まりました。ただし、別の依存性の問題でゲーム課金のトラブルは多少なり残りますが。

三重で広島のメル友をやる

タイプで難しい友達をする

不倫してみませんかで大阪のメル友をしてみる

新潟で群馬の友達を犯す

セックスで気分がいい出会いをもらいます

あなたの近くでえらいメル友をする

東北でフェイスブックの恋愛をしてみる

細身で元気なメル友を聞きます

夫婦で愛媛の出会いをする

愛媛で大分のメル友をする

登録から利用で長崎の友達をしてみる

携帯で石川の出会いをする

青森で秋田の出会いをしてみる

メル友ゲットで遅いメル友をやる

フリーで登録OKで高知の出会いをやってみた